NOTE

来年を想像して嬉しくなった。今年も夏が終わる。

結婚する前は、よくライブに行っていた。

TheBirthdayのチバさんがすきで、NicoTouchTheWallがすきで、TheBawdiesがすきで、なによりエレカシが一番すきで、急に思い立って飛行機のチケットを取り、東京までバビュンと飛んでライブを見ちゃうぐらいに、行くぞと思ったら即行動。

でも子どもが生まれてからは、なかなかそうはいかない。

炎天下のフェスに連れて行ったら熱中症になるんじゃないか。屋内の音楽イベントで泣いて迷惑かけるんじゃないか。いやいや爆音の中に連れて行くって子どもの耳に良くないよな。(そもそもそんな時間も余裕もない)

 

そんなこんなを思っていたらいつの間にか月日がたち、昨年4年ぶりにエレカシのライブに行けたときは、宮本さんがステージに出てくるなり泣いてしまった。それから3回ほどライブに行くことができているけど、そのたびに楽しすぎておセンチになってしまう。

 

でもやっぱり、子どもを連れてフェスに行くのはまだまだ先だなと思っていたそんな時。三田市でイベントが開催されることを知った。「郷音(kyouin)」

元読売テレビアナウンサーの清水健さん、だいすけお兄さん、明治天皇の玄孫竹田さんなど「三田によくこれだけのゲストが…!!」とビックリする人たちのトークイベントと、兵庫県内から集まった飲食ブースや体験型の工芸ブースが出店するらしい。そしてステージのメインは「ガガガSP」

 

えー!これは見たい!!ぜひとも見たい!!だって子連れでライブハウスなんて行けんもん!!これ逃したら次またいつ見れるかわからんやん……?あれ、ガガガSPって知ってます?若い子は知らんかしら。神戸の生んだ泥臭いバンド。

 

わたしが生でガガガを見たのは2008年淡路島「PLANET A CARNIVAL」
ガガガSP、GO!GO!7188、The Birthday、フラワーカンパニーズ、YO-KINGなど、豪華なメンツがそろった一回限りのフェス。その時の記憶がガガガっとよみがえって。

迎えた8月26日。過ぎ行く夏を惜しんでか、この日はとても暑かった。

親子連れが多かった。夕暮れ時ということもあってか、なんだか温かさを感じるようなライブ。みんな笑顔だった。娘も笑顔だった。娘の笑顔を見ると少しグッときて、泣きそうになってしまった。

 

子育て中、日々の楽しみ方は変わった。
公園で一緒に滑り台を滑ってお尻を痛めてみたり、散歩途中で寄り道をしてシロツメクサで冠を作ってみたり、おかいつを見てブンバボンしてみたり。
子どもがいないとしなかっただろうことを、楽しむようになった。

 

一方で我慢することもたくさんある。
ゆっくりと服を選ぶ時間、オシャレなベトナム料理店で生春巻きを食べること、流行の映画を見に行く機会はなくなった。

楽しみにしていた堤真一さんの舞台の日に娘が熱を出して行けなくなったり、エレカシのライブの日にチケットを手放すことになったり、「普段頑張ってるし息抜きしよう」と計画したイベントをあきらめることも多かった。

 

それがこの日、娘を抱っこしながらガガガSPの歌を聴いて「そろそろ娘と一緒にフェスに行けるんだな」と思った瞬間。

こうした我慢は期間限定で、いつか終わりがくるってことにふと気づいた。嬉しい気持ちはもちろんだけど、日々の早さに少しさみしさを感じたりなんかして。

もう今年も夏が終わる。来年は娘といっしょにフェスに行きたい。だからあんまり暑くなりませんように。頼んだ天気の神様!(コザック前田、かっちょよかった)

 

*********************************

と、超おセンチになってしまったので、以下はお昼間の様子。

丹波立杭YAMATO cafeでミルクを凍らせた氷で作った「あんまくてうんまい」かき氷を食べ

暑い日にぴったりの爽やかドリンクレモネードを飲み(レモネードって神戸発祥らしい)

タコを釣ったり(本物のタコやで。持ち帰り不可)

子どももわたしも楽しんだ1日だった。次はどこに行こう。